投稿日:

芸能人も御用達プラセンタ注射 薄毛にも効果あり?

芸能人も御用達プラセンタ注射 薄毛にも効果あり?

「プラセンタ」は、美容に関心のある方であれば1度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか?
そんなプラセンタ注射ですが、どんなものなのかは意外と知られていません。この機会に詳しく知ってみましょう!

プラセンタ注射って何?

プラセンタ注射は美容施術のひとつです。厚生労働省が認める医薬品であり、元々は胎盤から排出されるもので、必要な栄養素がたっぷりと含まれていると言われます。
サプリメントの原料は馬や豚といった動物性の胎盤が用いられます。プラセンタ注射の場合は、正常分娩で生まれたヒト胎盤エキスのみを使用しているため、クリニックのみで受けることが可能です。

プラセンタの成分には成長因子があります。主に細胞の新陳代謝を促し、細胞の増進や促進をさせる成分で、少量でも効果を発揮すると言われています。また、アミノ酸、ビタミンや酵素なども存在し、体内の細胞をつくるといわれています。このような成分を含むプラセンタを注射することで、美肌やアンチエイジングなどに効果を期待できるのです。

肌への効果は?

プラセンタ注射は自然治癒力を高める効果があると言われています。肌のターンオーバーを正常に近づけることで、肌質が改善される可能性があります。

●美肌・美白効果…シミ、シワ、肌のハリに効果が期待できます。
●保湿…高い保湿力によって、長時間肌の潤いを維持すると言われています。
●肌の弾力…コラーゲンの生成を支えるため、肌の弾力が増す場合があります。
●肌質…血行を促し、免疫力が高まることで、健康で美しい肌をつくるといわれています。
●アンチエイジング…活性酸素の発生を抑えることから、アンチエイジングを期待できます。

注射ですぐに変化を感じられるわけではなく、肌が生まれ変わるサイクルが3か月以上なので、その期間は継続するケースが多いようです。

美容以外の効果とは

肌のハリや肌質の改善目的のほかにも、プラセンタ注射を受けることがあります。主に次のような症状に取り入れられることがあります。

●アトピーや花粉症をはじめとしたアレルギー
●更年期障害の諸症状(ほてり、のぼせ、ふらつき、めまい)などの改善
●筋肉や関節の痛み、肩こり
●冷え性、便秘、耳鳴りといった自律神経
●生理不順、活月経困難症
●肝機能障害
●胃十二指腸潰瘍
●膠原病

上記以外にも増毛や発毛目的、意外なことに二日酔いの改善目的で取り入れられる場合もあるようです。基礎代謝向上作用や創傷回復促進作用、活性酵素除去作用など20種もの効果があると言われています。

ただしごく稀にプラセンタ自体にアレルギーのある方もいるため、取り入れることを考えている場合は、アレルギー体質の人は事前に医師に相談しましょう。そしてプラセンタ注射は男性も受けることは可能です。男性美容外来でも、プラセンタ注射を受ける方は増加傾向にあります。

毎日打ち続ける?やめたら効果なし?プラセンタ注射の頻度

最初の1~2か月は週1~2回で

プラセンタ注射は、打ち続けることで効果を持続できると考えられています。1回1アンプルを1日に3回ほど、毎日もしくは隔日が理想的な回数といわれています。しかし、そんなに通うのは現実的ではないですよね。
実際は初の1か月~2か月では週に1、2回程のペースで、量は1回につき2~3アンプルをまとめて打つ場合が多いようです。

効果を感じる頻度は個人によって違う

効果を感じるまでには個人差があるため、誰もが毎日打たなければいけないという訳ではありません。更年期や花粉症など、美容以外に目的がある場合は週1~2回のペースで3か月から半年ほど続けるのが一般的。ダイエットのように、やめたらリバウンドがあるわけでもないため、いつやめるか、再開するかは自分次第ということになります。

プラセンタ注射に即効性はあるか

サプリメントと違い、ピンポイントに直接注射するため、サプリメントよりも早く効果が出ると言われています。注射後から体内に吸収されるため、個人差がありますが1週間前後で効果を感じられる場合もあります。ただし、プラセンタ注射の効果は一時的なもの。プラセンタ注射の本領としては、ある程度注射を継続して、プラセンタを体内にできるだけ長く留め、体質を変える効果を期待できるという点が挙げられます。

プラセンタ注射って痛い?気になる副作用は?

やっぱり気になる!注射方法

注射と聞くとつい、怖い、または痛いイメージが頭に浮かんでしまいますよね。プラセンタ注射の方法とはどういうものでしょうか。クリニックでは皮下注射、筋肉注射、ツボ注射の3種類の方法がとられています。

●皮下注射…投薬する薬剤量や吸収量が少なく、痛いとあまり感じないようです。また金銭的にもほかの注射方法に比べて、負担が少ないとされています。
●筋肉注射…筋肉の筋層は血管が多いため吸収速度が速く、より即効性があると言われています。
●ツボ注射…その名の通り、体のツボに注射を打つもので、エイジングケアとして美容クリニックで行われることが多いようです。他のプラセンタ注射よりも費用が高くなる場合がほとんどです。

プラセンタ注射を打つなら気をつけたいことって?

プラセンタ注射は多くの場合、副作用が出にくい皮下注射での方法が取られています。クリニックによっては複数の成分が混ざったカクテル注射を行っているところもありますが、取り入れる場合には、副作用のことも頭に入れながら、よく検討しましょう。

また、プラセンタ注射を行った後は、献血、臓器提供などができなくなります。そしてプラセンタ注射は副作用があまり無いと言われています。ですが、まれに発熱や悪寒などの症状が出る場合も。こうした症状が表れたら、すぐにかかりつけの病院やドクターに相談しましょう。

注射と同じ効果?プラセンタドリンクってどう

プラセンタドリンクは、即効性という点では注射よりも効果はやや落ちるかもしれませんが、毎日飲み続けることで徐々に効果を実感できると言われています。
病院を受診しても注射を継続できない場合などの代替策としてプラセンタドリンクを飲む方も多いようです。クリニックでは人の胎盤から排出した人プラセンタエキスを使ったものを扱っていますが、市販のドリンクは豚や馬のプラセンタを使ったものが一般的です。プラセンタドリンクは液体なので腸で吸収されやすく、体内に行き届くため、注射が苦手、または献血の予定がある場合にもすすめられるようです。プラセンタドリンクはほかの美容成分と一緒に配合されていることが多く、保湿や美白など自分の肌に合わせたものを選ぶこともできます。市販されているものは味のバリエーションが豊富なので、プラセンタ特有の生臭さを気にせず続けられそうですね。

芸能人を参考に?!プラセンタ注射を取り入れる場合

注射するタイミングは

今では、芸能人もテレビでプラセンタ注射をカミングアウトしています。そういった情報を見ていると、クリニックに行けばすぐに打てるのかと思いがちですが、プラセンタ注射は医師による事前の診断が必要になってきます。

プラセンタ注射を打つタイミングには個人差があることを覚えておきましょう。1回打つだけで即効性や持続性がある訳ではなく、ある程度の期間打ち続ける必要があります。取り入れられている方は、通院しやすいクリニックを選ぶ場合が多いようです。

どのくらい続けるか

プラセンタ注射は持続性があまりないため、効果を維持したいなら頻繁に打つ必要があります。2か月ぐらいまで週に1回~2回、最低3アンプル打つのが目安に、3か月目以降になると1週間から2週間ごとに1回打つのが目安と言われています。
効果の実感は個人によって異なり、数回で効果を感じる方もいれば、3か月を過ぎて徐々に変化してきたというケースもあります。

プラセンタ注射で許可されているのは2種類

プラセンタ注射に使用されている薬剤はラエンネックとメルスモンと言い、どちらも国に認められています。慢性肝疾患治療、または更年期障害などの治療のために、美容以外の保険適応が認められています。この2つは静脈への注射を禁止されており、体外に排出されやすく、副作用が出にくいとされる皮下注射の方法がとられるのも、そんな理由が挙げられます。

保険適用できる?気になるプラセンタ注射のお値段

値段の相場って決まってるの?

効果はもちろん、プラセンタ注射は費用もいくらかかるか気になるものですよね。美容目的の施術は保険適用外になるため、実費になってしまいます。プラセンタ注射にかかる費用の場合、1回あたり1アンプルの使用で1000円から3000円ぐらいまでが値段の相場だと言われています。

月にかかる費用を考えると1万~2万円が目安で、最初の月のみアンプルを多く使用することから、倍料金がかかると考えられます。年間だと10万~25万円ぐらいが相場となり、初診料や再診料も考慮する必要があります。

注射の種類によっても値段に差があり、高い順から「ツボ注射」「筋肉注射」「皮下注射」と変わります。注射をする回数や頻度は、目的や程度によって変わり、その状況によっては、予定に対して追加で打つ場合もありえます。また、クリニックによっては料金設定も変わってくるため、確認した方がよいでしょう。中にはプラセンタ以外の成分を配合した注射を扱っているクリニックもあり、こうしたプラセンタ注射は料金が高めになる場合が多いようです。回数や量の調整、予算などを予め伝えて、クリニックと相談するケースも聞かれます。

場合によっては保険適用もあり

プラセンタ注射というと美容のイメージが強いですが、元々は別の症状の治療に使われていたため、医療保険が適用される場合もあります。主な症状として更年期障害や肩こり、腰痛のほか、肝障害、乳汁分泌不全の治療目的などがあげられます。保険適用されるかどうかはクリニックによっても方針が違うため、上記のような理由で取り入れることを考えている場合には、クリニックに事前に確認しておくと安心です。

プラセンタは注射以外も【サプリなどのアイテムも】

プラセンタ注射は興味があるけど、やっぱり不安だと感じられる方は多いのではないでしょうか?そんな方は、まずはお手軽なサプリメントタイプのプラセンタをチェックしてみましょう。

市販のプラセンタサプリの選び方

プラセンタ注射と同じように、芸能人をはじめ愛用者が多いプラセンタサプリ。ドラッグストアやスーパーの棚を覗いてみるとさまざまな種類があり、何を選んでよいのか迷ってしまいます。美肌や美白、アンチエイジングなど自分の目的に合っているか、購入前にチェックしてはいかがでしょうか?

また、プラセンタに限らず、口に入れるものはアレルギー等の確認が必要です。サプリは継続して飲み続けることが前提なので、添加物の有無を確認するのもひとつの手ですね。どうしても心配だったり、効果について詳しく知りたかったりする場合は、メーカーに直接問い合わせ流という方法もあります。主治医がいる方は具体的に成分について質問すると良いでしょう。

美つぶ プラセンタ&ローヤルゼリー 60粒 (30日分)

豚の胎盤の抽出物となるプラセンタエキスを100mg配合したサプリです。プラセンタエキスのほか、ローヤルゼリー、大豆イソフラボン、美体質乳酸菌の4種の素材が一粒に詰めこまれています。小粒で飲みやすく、携帯にも便利だそうです。

母の滴プラセンタEX

馬由来のプラセンタ原末が使われています。含有量は1粒あたり200mg。成分も純度100%のスーパープラセンタ原末で、ヒアルロン酸の1.3倍もの保水力があると言われています。このサプリは製造にもこだわり、急性経口毒性試験、動薬検査、農薬検査、変異原性検査、放射線分析などの数々の検査をGMP認定工場で行ってから出荷されているそうです。メーカーによると朝と夜の2回に分けて飲むとプラセンタ成分が1日中体内に残るため、より効果を実感できると言われています。

マルマン ピュアなプラセンタ15000 90粒

イタリア産の豚の胎盤を原料にしています。3粒で15000mgものプラセンタを摂取できるとされており、プラセンタエキス以外にもヒアルロン酸、プロテオグリカン含有サケ鼻軟骨抽出物、ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステルなど数種類の成分を配合。プロテオグリカンは若々しさを保つ働きのあると最近注目されているそうです。また、アミノ酸、ミネラル、ビタミン、ヒアルロン酸、ビタミンEも贅沢に含まれていて、美容をトータルにサポートするとされています。原料は厳しい管理基準において国内工場で生産されており、安全性にもこだわる姿勢が感じられます。

プラセンタ注射をよく理解しよう

美容や様々な症状に取り入れられるプラセンタ注射。芸能人の使用や口コミによって、世代を問わず美容に関心のある方の間で話題になっています。ただ、注射と聞いただけで痛いと思ってしまったり、効果が表れると勘違いしてしまったり、間違ったイメージを持つ方も多いプラセンタ注射。
注射の方法や費用はクリニックによっても違うため、取り入れることを考えている場合には、事前に下調べすることをおすすめします。そして安易な理由で取り入れず、まずはよく知り、気を付けるべきことはしっかりと守るなど、正しい知識と理解を深めることが大切です。

もし安全性が気になる方はより安全な植物性プラセンタがオススメです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です